月別アーカイブ: 2014年3月

旭川の陶芸家工藤和彦さんのおはなし会。

白樺のような「白樺ホワイト」。毎日使っている器。
旭川の陶芸家工藤和彦さんのおはなし会に参加しました。

陶芸の科学的、物理的な側面や、作り手の感覚を言葉で表現してくださって、
「自分が作っているのではない感覚。」この感覚についても、とても興味深く、
面白いお話しを聞くことができました。

つい最近、「自分が作っているのではない感覚。」を自分自身体感していて、
その感覚を感じている方に会えたことがとてもうれしかった。

自分の足でその土地へ行き、自分の手で土を掘り、
電動ではなく、蹴りろくろで作品を作っている工藤さん。
その土地の空気感も表現したいから、
自分の手で掘るとおっしゃっていたこと、心に沁みました。

作り手の背景を知ることで、作品への想いや愛情がより深くなり、
大切に想う気持ちをいつも忘れずに持つことをあらためて感じて。

想いとともに大切に丁寧にあつかうこと。
本当は当たり前なのかもしれないけれど、
ものが溢れている現代では、忘れてしまいそうになるから、
そっと、いつもそばにいてくれることが、とてもありがたいです。

teatime_300

 

根っこかがり、縦長の白樺かご。

「あったらいいな。」プロジェクトにてリクエストをいただいた中のひとつ「ペン立て」。
ペン立てはもちろん、いろいろな用途に使える縦長の白樺かごを作りました。

スプーンなどを入れるカトラリー入れとしても、また、フラワーベースとしても
きっと、活躍してくれるとおもいます。(中にお手持ちのビンを入れるとより使いやすくなります。)
フチを根っこでかがってあげると強度もアップし、デザインもかわいいのです。

白樺の根っこ

tatenaga_300
Size Φ9cm/W7/D7/H10.5

1枚皮のワンハンドルバスケット。

ベーシックな小さな白樺かごに、くるっと1枚樹皮を巻いて、
ハンドルは2枚重ねてとめて、ワンハンドルの白樺バスケットができました。
残っている短めの樹皮テープを使い、いくつも重ねて素朴な仕上がりに。

ティキャンドルのストックやチョコなどを入れて
テーブルに置いておいてもかわいいですね。

ichimai_300
Size Φ10cm/W7/D7/H5

hasamituki_300
麻ひもと真鍮のハサミのセットバージョン
プレゼントを麻ひもでくるくるっと結んだり、リボンを作ったり、
デスクに置いておけば、ササッと作業ができて便利です。

 

しあわせの種。

東北の震災から3年が経ちました。

震災の後、1年をかけて仲間にも協力してもらって自分の生き方を見直しました。
様々な生き方をしている方の経験や考えを聞きに行き、何度も見つめ直しました。
いくつもある課題の共通の答え、見つけた答えのひとつは、
「目の前にいる人をしあわせにすること。笑顔にすること。」でした。

ひとりをしあわせにできなくて、沢山の人をしあわせにはできない。とおもいました。
目の前の人を笑顔にできなくて、沢山の人を笑顔にはできない。とおもいました。

ひとりひとりの人が「ひとり」をしあわせにすることができたら、
しあわせや笑顔が広がっていくと気づきました。
とても小さなことに感じられるかもしれないけれど、
それは「しあわせの種」だと気づきました。

ひとりひとりがいろんな状況で、悲しいこと、苦しいこと、大変なこと、辛いこと、
いろんな課題を持っているから、誰にも言わなくてもみんなきっと。

どうか笑顔を届けられますように。

firstshoes_mini_300

 

カフェ メメント・モリさんにて展示・販売はじまります。

本日、白樺の作品18点を、メメント・モリさんへお届けしました。
手作りのまるいタグを麻ひもでキュッと結び準備が整い、
明日、3月11日(火)より展示・販売をスタートいたします。
mementomori_2_300

普段使いのものから、日常にちょこっと潤いやワクワクを感じさせてくれるアイテムを揃えました。
ワンハンドルの白樺かご、根っこかがりの作品も、展示させていただいていますので、
実際に手にとってご覧いただけます。

スウェーデンより送っていただいた白樺細工関連の本も2冊展示させていただいています。
白樺樹皮を採取する様子や、白樺かごの作り方も豊富な写真にて紹介されていますので、
白樺かごづくりに関心のある方にとって、大変興味深い内容となっています。mementomori_3_300

ゆっくりとしたランチやお茶の時間を楽しみながら、
白樺の作品を手にとっていただけたらうれしいです。

 

カフェ&雑貨 Memento mori
北海道千歳市みどり台北2丁目11-6
tel. 0123-25-8827
10:30-17:00 (日曜・月曜定休日)
駐車場5台あり
→ MAP

 

続・小さな小さな白樺かご。

お店での展示・販売の前に、相談にのってくださったお友達のお家に
「小さな小さな白樺かご」がお嫁に行き、写真を送ってくださいました。
彼女の人柄のようにふんわりとやさしい雰囲気につつまれています。
素敵に飾ってくださって、笑顔がとってもうれしくて。

「これからもひとつずつ丁寧に作品づくりをしてゆこう!」 と、
あらためて心に誓いました。

笑顔を本当にありがとう!

miniminikago_miyukisan_300

小さな小さな白樺かご。

 

白樺の小さなファーストシューズ。

赤ちゃんが生まれると、
上手に歩けるようにと願いを込めて、
贈られるファーストシューズ。

赤ちゃんの健やかな成長、
そして、旅の無事を願うお守りのような
小さなシューズを作りました。
手にのるくらいの小さなサイズです。

ふんわりとした手紡ぎの毛糸で繋いで
やさしい印象に仕上がりました。

firstshoes_mini_300
白樺の小さなファーストシューズ 6.5cm

お花のような白樺のしおり。

東京で働いているとき、往復3時間の電車通勤を本を読む時間にしていました。
お昼休みもカフェでランチするときは、いつも本を持って。
隙間時間に本を読むから、しおりはかかせない存在です。
でも、気に入ったしおりが見つからないまま、本屋さんでもらった広告のはいったしおり。
ずっと、違和感を感じたまま時間は通り過ぎていました。

「かわいいしおりがあったらいいな。」「お気に入りを見つけたいな。」とおもっていたから、
白樺と出会ってすぐにしおりを作りました。いくつか作った中のひとつ、
格子柄のコースターと同じ編み方でしおりを作ったら、お花のクッキーのようになりました。

本を読む時間にそっと白樺にふれて、ほんの少しでも自然の温もりを感じていただけたらうれしいです。

shiori_300