月別アーカイブ: 2014年10月

大丸札幌店の北欧フェア2014ワークショップのお知らせ。

kago

11/19-11/24 『大丸札幌店の北欧フェア2014ワークショップ』受付を開始しました。 白樺かごだけでなく、ヒンメリやモビール、スウェーデンに伝わる編みもの、サーミのチョーカーなど、私も気になっています。ご希望の方は、大丸札幌店のHPよりお申し込みくださいませ。

白樺樹皮で編むちいさなかごと小物 ワークショップ
11/19(水)14:00-16:00 白樺キューブペンダント&ストラップ  ※定員になりました。
11/21(金)11:00-14:00 白樺雪の結晶の飾り  ※定員になりました。
11/23(日)18:00-20:00 白樺お花のブローチ ※定員になりました。
11/24(月・祝)11:00-14:00 ちいさな白樺かご ※定員になりました。

【開催場所】大丸札幌店7階催事場
【問合せ先】011-828-1111(北欧フェアワークショップ受付係)

※mori+ ayaco yoshioka作品の展示・販売はありません。

Instagramでの販売をスタートします。

coffee_f

Instagramでの販売をスタートします。色々な理由でお店やイベントに来れない方もいらっしゃるとおもいます。どのような形が一番よいのか模索中ですが、Webでの販売をInstagramからはじめることにしました。第1弾は、ギザギザのコーヒーフィルターホルダー限定3点です。1.2cm幅の白樺樹皮で編みましたので、厚みはスリムです。トリさんのコーヒーフィルターも1枚ですが一緒にお送りします。ご興味のある方はInstagramダイレクトメッセージまたは、ブログのメールよりご連絡くださいませ。今後も数点ずつになりますが不定期でUP予定です。楽しみにお待ちいただけたらとおもいます。

白樺のコーヒーフィルターホルダー  限定3点

お問い合わせありがとうございました。すべて素敵な方のもとへ旅立ちました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

私が考えるワークショップ。

いま、色々なワークショップの形態があり、私が考えるワークショップとは何なのか。あたらめて書いておこうとおもいました。きっと、技術習得だけが目的の方や、先生と生徒という教室のスタイルを求めている方には満足いただけないかもしれないとおもったからです。私は先生が生業ではありません。作家として活動していますが、デザイナーであり、根っこは職人だとおもっています。私が考えるワークショップ。それは、ひとりの作り手として、同じ目線で五感を使って感じることができる場、そして感じ方はそれぞれであっても、その時間を参加者全員で共有できる場だとおもっています。森からいただいた貴重な白樺の樹皮に新しい命を吹き込む。このことを感覚を研ぎ澄まし、ひとりひとりの方に感じていただけたらとおもっています。もちろん、どのようにしたら美しくできるのか技術的なこともお伝えしています。「どのような樹皮であっても最大限に美しく素敵に、新しい命を吹き込む。」これは私が一番大切におもっていることです。それから、できる限りお茶の時間をつくり皆さんと一緒に過ごします。考え方や捉え方の違う人が集まり、同じ時間を共に過ごし、感じたことを話したり伝えたりする場になったらというおもいです。白樺の話しだけでなくとも、その時に感じたことを。人との出会いは、本当に一期一会、その時間が宝物のようになったら素敵だなぁというおもいでいます。ですから、とてもフレンドリーな雰囲気で過ごすワークショップです。参加くださった方にとって素敵な時間になりましたらうれしいです。

※このような考えから、技術習得だけを目的としておりませんので、技術習得だけを目的の方や、販売目的による技術習得の方の参加はご遠慮いただきますことを、ご理解をいただけましたら幸いです。

Marche de GRNIER Vol.6 無事、終了しました。

grnier

PlantationさんでのMarche de GRNIERでの3日間、足をお運びくださったみなさま、手にとってくださったみなさま、本当にありがとうございました。blogやIGを見てくださっている方にもお会いできとてもうれしかったです。はじめてのグルニエ出店と、ワークショップも3日間開催させていただき、至らないことも沢山あったかとおもいますが、ご参加くださった方々の笑顔とまわりの方々に助けていただいたおかげで、無事に終えることができました。本当にありがとうございました。「こんな風だったらもっとよかったのに」などお気づきの点がございましたら、お知らせくださいませ。今後、より改善していきたいとおもいます。また、どこかでみなさまにお会いできる日を楽しみにしています!最後に、お手伝いをしてくれたYuさん、Yさん、Mさん、Kちゃん、ひとりではできなかったので、みなさんが一緒にいて助けてくれたおかげで参加できたグルニエでした。感謝の気持ちいっぱいです。本当にありがとうございました!

明日より、Marche de GRNIERVol.6 はじまります。

bird

assort

明日より3日間(10/17-10/19)、マルシェ・ドゥ・グルニエ Vol.6(札幌)はじまります。

森彦さんのカフェ「プランテーション」での開催ということもあり、コーヒータイムを楽しくする白樺のアイテムを少しですがご用意いたしました。そして、寒くなってくると恋しくなる編み物のための白樺かごをサイズ違いで3種類。毛糸をポンッといれておくだけでそのまま置いていてもかわいらしいです。ぬくもりをプラスする白樺のアクセサリー(ブローチ・ピアス・イヤリング・ペンダント・ブレスレット・スマートフォンストラップ・チャーム)、雪の結晶の飾り、ファーストシューズ、グリーンベース、ピンクッションなど約60点お持ちします。ちいさなアクセサリーはアソートのチョコレートのようで、きっと、見るだけでも楽しんでいただけるとおもいます。お気に入りを見つけていただけたらうれしいです。(1点ものも多いためなくなり次第、終了になります。ご了承くださいませ。)

素敵なお店もたくさん出店されますので、ぜひ、遊びにいらしてくださいね。

ワークショップは、若干空きがございますので、ご希望の方はinfo(アットマーク)ayacafe.netまたは、直接ブースにてお申し込みいただます。定員になり次第、しめきりとさせていただきますので、お早めにどうぞ。

白樺樹皮のアクセサリーづくりワークショップ
ws_cube ws_star ws_flower
10.17 ①15:30–17:30(キューブペンダント) ※定員になりました。
10.18 ②14:00–16:00( 星のブローチ) ※定員になりました。
10.19 ③14:00–16:00( 花のブローチ) ※定員になりました。

 

みなさまに、お会いできることを楽しみにしております!

- 週末の屋根裏マルシェ -
Marché de grenier マルシェ・ドゥ・グルニエ Vol.06 at  MORIHICO. Plantation

grenier6

[マルシェ開催日時]
2014.10.17(金)15:00–22:00
2014.10.18(土)11:00–19:00
2014.10.19(日)11:00–18:00


この秋 グルニエはコーヒーと音楽の祭典。
感度の高いお客さまと手作り作家が集う。
カフェだから出来る屋根裏のマルシェ。
ワクワクとドキドキの体験をぜひ。

Plantation[プランテーション]
札幌市白石区菊水8条2丁目1-32 → MAP
TEL : 011-827-8868
パーキング : 10台
アクセス : 地下鉄東西線「菊水駅」徒歩10分

黄金色に輝く景色を想う。

mementomori20141015

製作に没頭する毎日。気づけば辺りは紅葉に。ちょっと一息、メメントモリさんへティータイム。目の前の畑では、小豆の収穫が終わり、少し寂しさを感じていたけれど、うれしいことに小麦の芽が元気に顔をだしていました。越冬をして収穫できるのは来年の7月だそう。黄金色に輝く景色に会える日を楽しみに待ちたいとおもいます。あさっては、グルニエ。もうひとふんばり、がんばります。

白樺かごづくり。新しいいのち。

jyuhi

「多様性」。それは自然界では上手にバランスを保ち助け合っている。
自然と同じように人にも「多様性」があり、それは面白く魅力的ですばらしい。
それぞれの良さを受け入れて影響を与えあうことで良い循環がうまれる。

「多様性」。この言葉の本当の意味を、子どもの頃から理解していたら、
どんなにも生きやすかっただろうとおもう。

自然を観察しているとよくわかる。
様々な植物があることで、多様な虫や鳥、生き物が集まり、
土は豊かになり、花が咲き、野菜や果物もできる。
みんなに役割りがあって、自然が元気になる。

白樺の樹皮にも様々な個性がある。
表皮がなかなか剥がれなかったり、厚かったり、薄かったり、
柔らかかったり、硬かったり、色もこげ茶、赤茶、薄茶、黄色、グレー、
虹色のグラデーション、シルバーのように光っている樹皮もある。

目の前の樹皮の魅力を最大限に惹きだす。その1点に集中する。
私は、自然の循環の一部。役割をいただいているに過ぎない。

20年以上、ずっと探しつづけて見つけたもの、それは、「自然の循環の一部として生きること。」

私にとって、白樺かごづくりの本質は、いただいた樹皮をどんな樹皮であっても、
最大限、素敵に、新しいいのちを吹き込むことです。

飴色の白樺ポシェット。

chiefunabag_600

お友達のchiefunaさんは、毎日のように
白樺のポシェットを持っていてくれて、
愛犬のランディくんとお散歩したり、
おでかけしたり、いつも一緒に過ごしてくれて。

「吉岡さん!この子、生きてます!」って言ってくれて、
うれしかったな。

久しぶりに会ったこの子は、
すっかり日焼けした元気なこどものように。
そして、微笑んでいるようにも。

大切に想ってくれて、ありがとう。

ちょうど来月、chiefunaさんの作品展があります。
ヨーロッパのヴィンテージファブリックを使ったchiefunaさんの丁寧な手仕事、
愛情に溢れた作品をぜひご覧いただけたらとおもいます。
メメント・モリさんのランチ、ケーキやコーヒーもお楽しみいただけます。

chiefunasankoten

2014.11.4 [Tue]-11.15 [Sat]  『やわらかいはね』 展
Open 10:30-17:00 *11.9[Sun], 11.10 [Mon]定休日

もっと、遠くへ飛びたいとおもった。
固いはねでは飛べないことを知った。
遠くへ遠くへ旅するために、やわらかいはねが必要だった。

Memento mori
北海道千歳市みどり台北2-11-6
tel. 0123-25-8827
営業時間10:30-17:00(日曜・月曜定休日)
駐車場5台あり